FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル ペット葬祭業者を登録制に

以前、埼玉県飯能市の山林にペットの犬や猫の死体が多数捨てられた事件があったと思い
ます。テレビや新聞でも大きく取り上げられ、私は怒りを覚えたものです。

この事件を受けて、環境省はこれまでに規制がなかったペット葬祭業者を登録制とする方針
を固めたのです。ペットの「おくりびと」として法的な位置づけをはっきりさせるというの
です。動物愛語法の改正を視野に検討するということです。

現行の法制度では、ペットの販売や訓練にかかわる業者は都道府県への登録が義務づけられ
ています。ですが、最近になって増えてきたペット葬祭業者は対象になっていないのです。
全国に500~600社あるとみられているものの、法の目が届いていませんでした。

飯能市の事件をめぐって今年4月にペット葬祭業者の男が廃棄物処理法違反容疑で逮捕された
のを受けて、環境相は悪質な業者を直接取り締まる法制度が必要だと判断したのです。
検討の結果、登録制導入で対応することにしたということです。

ペットブームがあり、ペットを飼う人が増えていると以前の新聞記事に載っていました。
その影響を受けて、ペットの葬祭業者も増えているとも載っていたと思います。
ペットの最期を看取った飼い主というのは、家族の一員が亡くなったも同然で非常に悲しい
ものです。きちんと葬儀をして、お墓を造りたいと思う人も多いでしょう。
その業者に規制がないために、以前起きたような許せない事件が起きたのだとすれば、なぜ
もっと早く取り締まりをすることができなかったのでしょうか。実際に、事件で死体を捨て
られた飼い主は今、どのような気持ちでいるでしょう。そう思うと、胸が痛くなります。


経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
国際ジャーナルの飛躍

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SNPluv

Author:SNPluv
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。