FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルの取材の申込み 子供からの呼ばれ方

以前、雑誌「国際ジャーナル」で「子供」をテーマにした特集が紹介されていたように思います。

そして「子供」をテーマにした記事がある新聞にも紹介されていました。
それは「自分のことを子供に何と呼ばせているか」というものでした。
親にも色々考えがあるようで、「大きくなったときのために」と最初から「お父さん、お母さん」と
呼ばせている人、「小さいうちは呼びやすいほうがいい」という考えから「パパ、ママ」と呼ばせて
いる人、様々だと思います。
ちなみに我が家では「パパ、ママ」と呼ばせています。が、幼稚園や周りの人たちが私のことを
「お母さん」という呼び名で子供に話しかけています。「今日はお母さんと一緒に買い物に行くの?
」という感じでしょうか。ですから、時々私のことを「お母さん」と呼んでいます。

私の知人は、「子供にパパ、ママと呼ばせるなんてありえない」という考えを持っている人がいま
す。「お父さん、お母さん」と呼ばせるつもりでいたようなのですが、近所の子供の影響から「と
うちゃん、かあちゃん」と呼ぶようになったようです。「お父さん、お母さんって呼んで」と子供に
頼んだようですが、変わることなく幼稚園に通園し、幼稚園でも「私のかあちゃんが弁当作った」と
いうような感じで話をするそうです。

また近所の人の場合は、1人目に産んだ女の子には「お父さん、お母さん」と呼ばせています。そし
て2人目産まれた男の子には「パパ、ママ」と呼ばせているのです。理由を聞いたところ、「自分に
男の子が産まれたら、絶対にママと呼ばせたかった。」という話でした。ただ、2人目の男の子が
小学校に入学したとたん「お父さん、お母さん」と、言い方が変わったそうです。どうやら、クラス
の男の子に「パパ、ママなんて赤ちゃんみたい」と言われたようなのです。

子供からの呼ばれ方は、家庭それぞれだと思います。幼稚園でも色々なお子さんを見ていると、呼び
方が様々なので面白い・・・と思っています。また、幼稚園の子供が「おかん」と呼んでいたときには
思わず笑ってしまいました。



報道ニッポンの飛躍
国際通信社 名古屋 刑法 現代画報社 今、評判の雑誌って? 報道通信社 国際通信社 国際通信社 掲載料 東京 取材 国際通信社グループ 現代画報 取材費 国際ジャーナル 取材 マニュエル・ルグリさん来日公演 - 報道ニッポン 現代画報 国際通信社って 報道通信社 民法 国際ジャーナル 現代画報社 国際ジャーナルと取材 ロンブー淳、交際について聞かれ吹き出す 国際ジャーナルの取材・・ 国際通信社グループ タレントがインタビュアーになり取材します 報道ニッポン 取材商法とは? 国際ジャーナル 大阪 国際通信社から取材の申し込み 我が家の冷蔵庫が対象商品 - 現代画報の落花流水 現代画報社 国際ジャーナル 国際通信社 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 掲載料 発行部数が3万部以上 報道ニッポン 商法

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SNPluv

Author:SNPluv
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。