FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 現代画報 龍馬ブームで・・・

大河ドラマの「龍馬伝」をかかさず見ていた・・・という人、多いのでは
ないでしょうか。
そんな中、新聞に龍馬ブームを感じる記事が載っていました。

日銀高知支店が高知県の10月の金融経済概況を発表したそうです。
龍馬ブームに沸いた観光産業の波及効果などもあって、有効求人倍率は0.57倍と
なり、全国平均の0.56倍を初めて上回ったのだそうです。
日銀高知支店の支店長は「県内の雇用や所得環境はなお厳しい状況にあるものの、その
度合いは和らいでいる」と分析しているそうです。

有効求人倍率が改善した背景としては、宿泊施設や飲食業の求人が多いことをあげています。
さらに高齢者が多い県内では医療や介護関係でも人手不足となっているということです。
件などの雇用対策強化も下支えとなっているそうです。

ですが、臨時求人やパートなどが多いために一時的な傾向が強いということです。
来年は龍馬ブームが一段落するとみられていて、観光客の落ち込みも心配されていますが、
しばらくは一服状態になるかもしれないが、今年と比較するのではなくブーム前2009
年水準と比べてどれだけ伸ばせるかが重要だと指摘されています。

確かにドラマでは有名な俳優や女優が出演し、とても素晴らしいストーリーを
多くの人に見せたと思います。だからこそブームが起きていると思うのですが、
今回の龍馬だけにとどまらず、幕末の志士や県の特産品などを絡めた観光振興に期待が
込められているようです。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
太陽光発電
報道ニッポンの飛躍

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SNPluv

Author:SNPluv
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。