FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル アメリカでまた銃の事件

アメリカって一般市民でも銃を持っているのが怖い国だよな~、なんて思ってしまう事件が起こってしまったようです。なんでも、CNNによればアメリカの東部にあるバーモント州のマンチェスターというところで、マンチェスター警察は10月26日に、ふざけて空気銃の発射音で寝ていた友達を起こそうとしていた23歳の男の人が、本物のライフル銃で間違って発砲してしまったそうで、友達は射殺されてしまったそうです。これ、どうなんでしょうね~。。。ふざけてでも、空気銃で起こそうとするかなあ、そしてなんでライフルと空気銃の区別がつかなかったんでしょうか。というより、友達を標的に当てないで、万が一の時のためにもせめて天井に銃口を向けてほしかったですよね~。もちろんこの男性は、計画性のない殺人容疑で逮捕され、訴追されたそうです。被害者の24歳の男性は、22口径のライフル銃で胸部を撃たれ、即死していたそうですが、男性の家族の方も、男性自身も、かなり納得のいかない死になってしまったのは間違いありませんね。この2人は、マンチェスターの民家に客として滞在していたそうですが、本当に計画性のない殺人だったのかは、神のみぞ知る、というところでしょうか。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SNPluv

Author:SNPluv
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。